江戸川河川敷のP4橋脚側と同時進行で
東京メトロ車両基地内のP3橋脚側の架設工事も進めておりました。
「温泉掘削でも始めたのか?!」なんて話しも出ていたようで
急に聳え立った鉄塔に驚かれていた方が多かったようです。
こちらの架設物は『門構』といいます。
本日2本の鉄塔の上に機材が載り、本来の形に近づきました。

江戸川河川上で架設されている主桁(橋の桁)を送り出す際に
受け止めて、吊り下げる役割を果たす架設物です。

↓メトロ内から撮影した裏側になります。

江戸川河川敷側のP4橋脚側の工事も進んでおり
いよいよ送り出しも近づいてまいりました。

送り出し日は確定次第、改めてご報告させていただきます!