現在の橋上の様子です。

一般的な鉄道のレール設備は、枕木の上にレールが取り付けてありますが
当工事ではとても重い台車が走るので、安全と補強の為に
枕H鋼(枕木と同様の役目)に軌条桁をのせ、その上にレールを組んでおります。

↓レールをクレーンで吊り上げる為『レール吊金具』を取り付けています。

↓クレーンでレールを吊り上げて設置していきます。

↓H鋼(軌条桁)はH鋼クランプという金具を取り付けて吊り上げています。
H鋼同士は特殊なスパナで人の手によって締められています。

次の工程は台車設備の組立です。
つづく